鉄壁の黒

セルフカラーで3回程黒染めをされたお客様。グレー系のカラーにされたいとのオーダーを頂きました。


これはこれは・・難易度A!


元のカラーは以前の写真を見せてもらうと14〜15トーン程の高明度なカラーをされていたようです。短期間で複数回黒染めをされているとなると人工染料の鉄壁の牙城を崩すのは容易ではなく、蟻の一穴の如く染料を地道に削り落とします。


2度ほど脱染すると15トーン程度の過去のカラーが露わに。しかしここで新たな問題が。以前されたカラーがかなりムラがあったようで、これを一つづつムラを消すのは極めて難しい・・ここからは数度の脱色調整によりようやくベースが大体整いました。


結果的にハイトーンな状態からスタートせざるおえないので、ある程度の色持ちを考えるとロートーンのカラー選択がベストかと。(御希望のカラーの明るさにもよりますが)


ハイトーンなベースだと色持ちに影響するので今回はグレイカラー(白髪染め)を使用。


スモーキーアッシュ+ナチュラルブラウン。引き締まった暗みは上品!



グレイカラーの汎用性は広く色持ち等メリットも多いです。


反面、脱染・脱色はダメージも高くそれによるデメリットもあるので、特にセルフカラーに関しては出来れば自己施術前に御相談頂けると幸いです。