意味

本日も沢山の御来店を頂き誠にありがとうございました。


今年最後になるであろうスタイル撮影。D610とも段々息が合ってきました。


最近スタイル撮影をしていて色々と考えるところがありますが、自分自身一体どういう理由で続けてどうなっていきたいのか・・?


最初は見よう見まねの業界トレンドに乗っかったミーハー心でなんとなく始めましたが、段々と続けるにつれて撮影を通して自分の創るスタイルを客観的に見れるようになりました。


同時に他の同業者さんのスタイルを見て時に感動、時にライバル心等、自身にとって美容師という仕事を向上させる無くてはならないアクションとなりました。


ヘアースタイルは建造物のように長くそこに留まることが2度とない「一瞬」があります。


モデルさんにその時一番似合う自分の創り出した「一瞬」を残したいというのが最近のカメラワークの意味でしょうか・・


今年も沢山のお客様にモデルを務めて頂き誠にありがとうございました。


スケジュール的に今年はこの撮影が最後になるでしょうが、また来年は更にお客様の綺麗を引き出して行ける様、スタイル撮影を通して技術・感覚を磨いていきます。