釣り納め

6月以来の半年ぶりの磯釣り。前回は落雷豪雨の雷神様の怒りを買ったタフコンディションでしたが、今回は爆風の風神様の怒りを買い毎回毎回自然を身体全体で感じられる釣行でした・・悪いことしていないんですがね・・


今回かなりな強風が予想されていたので兎にも角にも少しでも風裏の磯を選択。


沖磯よりも地磯周りの方が釣果も比較的出ている為、間越に近いマサカリに揚がりました。


夜明けから強風が吹きコンディション悪し。


背後が岩壁で切り立っている為風が直撃することはないのですが、左右から回り込んでくる風に手を焼きました。


足元には大量のスズメダイ、キタマクラ、そして今回一番厄介だったトウゴロウイワシの餌盗り達の面々。


ここは風を利用しての大遠投。


これが功を奏して40m程沖で30cm弱のグレがヒットしますが大半は足の裏サイズ。サイズが伸びません・・


あとは米水津名物キタマクラの猛襲。竿引きであたってきます・・



とにかくトウゴロウイワシがオキアミを齧り沖まで出るので堪らず瀬代わり。グレの反応も悪くなかなか難しい釣りを強いられます。


次に揚がった磯はカイドクの水道。ここも右から風が回り込む状況でしたが良い磯です。


ここの餌盗りは更にバラエティー豊富でコガネスズメダイ


ちょっと悪そうな面構えのハコフグも多数。しかし足の遅い餌盗りなので然程気にはなりません。


3回程良型グレかと見られるやりとりをしましたが、どれも途中針外れ。今ひとつ食いが浅いです。


深く入れ込むとウリボウ。かなりな数ヒットしましたがこれもサイズが伸びず・・


結局カイドクではグレを釣りきらず16:00でタイムアップ。今年最後の磯釣りは悔しい思いの残る楽しい釣りでした。


今回は唯一釣れた30弱のグレと、ヒット数は多かったもののサイズが伸びなかったイサキを3枚だけ持ち帰りました。


サイズは小さいものの、釣りたての刺身はやはり旨い。久しぶりに食べるグレは最高でした(*^^*)


いよいよ今週から12月。一旦遊びは一切頭から消して繁忙期に臨みます。